乗って楽しい 三菱の車

乗って楽しい 三菱アウトランダー

もう、ほとんど電気自動車です

 

2013年1月に登場したミツビシのアウトランダーPHEVに試乗してきました。グレードはたしかGだった思います。プラグインハイブリッド車なのですが、基本的には電気自動車と思って間違いありません。

 

トヨタのプリウス・プラグインハイブリッドとは少し構造が違います。

 

アウトランダーPHEVには2リッターのMIVECエンジンが搭載されていますが、高速走行時以外はこのエンジンは発電するだけです。

 

バッテリーの電気残量が少なくなればエンジンを回して発電しバッテリーに充電します。これをシリーズ走行といいます。

 

バッテリー満タンで約60キロも走れるので、普段は電気自動車みたいなものです。
自宅に戻って夜間の安い電気代で充電すればいいのです。

 

電気自動車と違うのは、遠出した時にバッテリー切れの心配がないところ。ガソリンエンジンを回して発電できますから。災害時にはこのクルマの10日間ほど暮らせそうです。トヨタのハイブリッド車と同様1500Wまで使えます。

 

フットブレーキはいらない?!

 

面白いのは、回生ブレーキの利き加減をパドルシフトで調整できるところです。慣れればフットブレーキはほとんど使わなくて済みます。というかフットブレーキは使わないほうが回生エネルギーでバッテリーを充電できるのでエコなわけです。

 

パドルシフトでブレーキをかけるフィーリング。これは実際に乗ってみないとわからないです。2014年末頃から一泊二日無料レンタルキャンペーンを三菱ディーラーでやっているみたいなので、興味あるかたは是非体験をお勧めします。
SUVらしくない車内

 

アウトランダーはSUVにカテゴライズされるプラグインハイブリッド自動車ですが、車内は意外とSUVらしくありません。悪く言えば狭いということです。前後左右には狭くないのですが、天井の余裕があまりないですね。

 

まるでセダンのような雰囲気です。この点はちょっと意外でした。
乗り心地はなかなか良い

 

大容量のリチウムイオンバッテリーを積んでいるので車重はかなり重いです。約1.8トン。もちろん十分に良く走ります。力不足は全く感じませんでした。

 

車重があるため、どっしりとした乗り心地になります。悪くないです。ただ、足回りがこの車重に負けているような印象はありました。もう少しガッチリと固めてもいいのではないでしょうか。

 

モーターで走るだけあって、とても滑らかな走りです。
高速走行時はエンジンで走る

 

パラレルモードといって、高速走行時は電気モーターで走るよりもエンジンのほうが効率がいいです。トヨタのハイブリッド車が高速道路での燃費がイマイチなのはそこからくるわけです。

 

アウトランダーは高速時にはエンジンで走り、必要であればバッテリーを充電しながら走れます。
充実した安全装備

 

三菱ではFCMと呼ばれている衝突被害軽減ブレーキシステムが装備されています。いわゆる自動ブレーキですね。相対速度が30 km/h以下なら衝突回避できるそうです。

 

LDWと呼ばれる車線逸脱警報システムもあります。

 

ACC レーダークルーズコントロールは停止まで追従できます。

 

足りないのは、側方の死角を監視するシステム。トヨタでBSM ブラインドスポットモニターと呼ばれている安全装置です。
マイナーチェンジが近いかも

 

2015年秋にはマイナーチェンジされるとのうわさです。
ただ、大幅に変わるのは外観だけのようで、パワーユニットそのものは変わりないそうです。2013年に登場した新車種ですし、三菱もそんなにすぐには変更できないでしょう。

 

ただ、外観はフルモデルチェンジ並みに変わるかもしれません。かなり未来的なカッコいいデザインのようです。

 

ということで、先進装備が充実している三菱・アウトランダーPHVですが、余程大幅な値引きがなければ秋のマイナーチェンジまで様子を見たほうがいいかもしれません。

 

400万円以上する結構高い車ですからね。慎重に・・・

 

ちなみに、アウトランダーには意外な事に、ガソリン車もあります。私が買うならもちろんPHEVですでど。

 

 

車買取

 

 

クルマを乗り換える前に下記クリック