乗って楽しい アクセラ CX-3

マツダ アクセラ

アクセラ スポーツ 15S ツーリングに乗ってみました。

 

確かに数値的にパワーは小さいので、過激な動力性能を求める人にはぜんぜん物足りないだろうと思います。でも、価格が魅力的!見積ってもらったところ、Boseのオーディオシステムと、ディーラーオプション(13万円也)、そして諸経費込みで、250万円ほど。

 

馬力が小さいといっても回したときのエンジン音も、1.5リッターらしからぬ質感の良いサウンドを聞かせてくれる。これは素晴らしい!トルク感、レスポンス、共に不満はない。しかし、発進から街乗りの速度域における体感動力性能は充分なものがあるし、アクセルワークに対してダイレクト感のある車両の応答がとても気持ちがいい。

 

内装の質感も充分に許容レベルだし、装備内容も「15S」で弱かった部分がかなり補われており、大きな不満はない。しかもここからさらに値引きもあるので、この割安感は抜群と思います。

 

ただし、「新型車」を買うという意味では少し面白味に欠けるかもしれません。今回のグレード「15S ツーリング」は追加グレードであるために、ベースとなる年式が古い(2013年)。装備面に多少古さが見えるとはいえ、そんなネガを考慮しても、価格を考えれば充分に魅力的な内容といえる。というわけで、「15Sツーリング」、内容的にも素晴らしいし、コスパ的にも素晴らしい。

 

管理人としては、このアクセラスポーツ。BMWの1シリーズやゴルフに負けない存在感があると考えます。15Sでモノ足らなければ20S、さらには、あの圧倒的なトルクを醸し出すXDであれば、十分納得がいくはずです。ちょっと考えてみませんか?

 

 

車買取

乗って楽しいマツダ CX3

とにかくカッコ良い

 

SUVはフロントフェイスが広く、デザインに多様性を持たせることができます。そして、CX-3はとにかくカッコ良いです。特に、フロントからの眺め(特に斜め方向)が抜群にイイです。これで200万円台の車にはとても思えないです。

 

実車を見たときは思わず『カッコいい』とつぶやいてしまいました。実はこれには分けがあって、マツダが徹底的にカッコよさを追及した結果なんです。

 

人がカッコ良く感じる要素として、タイヤが大きいことや、前輪からフロント先端まで短いことなどがとことん研究され、その研究成果がこの車に活かされています。

 

 

CX-3は車幅が1.76メートルとコンパクトなのですが、ご覧のとおり、高級車並みの迫力があります。

 

また、エクステリアだけでなく、内装もカッコよく仕上げられています。ところどころにステッチ(刺繍)が入っていて、プラスティック感をなるべく出さないように工夫されています。

 

 

燃費性能が良く、財布にやさしい

 

CX-3は全モデル共通の1.5リッターのディーゼルターボエンジンを積んでいます。燃費は、21km/l〜25km/lとなっており、6速MTのFFが最もよく、6速ATのフルタイム4WDが21km/lとなっています。

 

ディーゼル(軽油)なので、レギュラーガソリンよりも20〜30円安く、財布に優しいです。お値段は、6速ATのFFが238万円からとなっています。

 

一般にSUVはベースとなるセダンタイプと比べて車両重量が重くなるため、大排気量のエンジンを積んでいることが多く、燃費もあまり良くないです。排気量の大きいエンジンを積んでいると、自動車税も高くつきます。

 

しかし、CX-3は新車購入時(6速ATのFFの場合)に81.900円のエコカー減税があり、燃費も23.0km/lと財布に優しいです。

 

アイドリングストップも付いていて、停車時にブレーキを強めに踏むと作動して、エンジンが停止します。そしてブレーキを弱めたり、ハンドル操作をするとエンジンが始動します。このときのタイムラグはほとんど感じません。

 

 

街乗りでの加速力は十分

 

ディーゼルエンジン独特の癖はあり、アクセルを踏み込んだ後のターボラグが体感1秒ぐらいあるものの、低速からの加速はしっかりしています。加速するときは、ラグを見越して運転すると良いです。

 

坂道での加速も余裕です。直進安定性が良くコンパクトであるため、街乗り運転しやすい車です。

 

フロアMTモード(シフトノブを使用して、+、−のレバーで手動シフトチェンジする機能)が付いていますので、坂道でのエンジンブレーキやキックダウンのタイムラグが小さい加速が欲しいときに重宝します。

 

エンジンスペックは、最高出力が105ps、最大トルクが27.5kg・m(1600rpm〜2500rpm)となっており、低回転でのトルクが太くなっています。0-100km/h加速は、6速ATの4WDで11秒+α程度です。

 

Motor Trendのテストを確認すると、北米では2リッターのガソリンモデルがあり、そちらでは0-60mph(≒0-100km/h)加速が8.6秒となっています。こちらのモデルであれば、街乗りや高速道路でも余裕がありますし、ディーゼルエンジン特有の唸りもないため、需要がありそうだなぁと思ったりします。

 

 

ココが気になる

個人的に一番気になったのは、でこぼこ道では横揺れが大きいということです。当方は横揺れには不慣れなので、長時間運転しているとちょっと酔いました。慣れの問題かもしれませんが、試乗の際には、荒れた路面を走行させてもらうようにすることをおすすめいたします。(とはいっても、普段荒れた路面上をほとんど走行しないのであれば問題ないです。)

 

次に気になったのが、低速域での微振動です。アイドリングストップが付いているとはいっても、ストップアンドゴーが多いところを長時間走るのは疲れると思います。

 

ちなみにコンパクトな車ですので、一般的なSUVほど車内やトランクは広くありません。普通のコンパクトカーと同じぐらいです。大柄な人が後部座席に乗ると、やや窮屈に感じると思います。

 

 

ターボラグについては、アイドリングストップからの加速時以外、ほとんど気になりませんでした。少々癖がある車のほうが、乗りこなす楽しみがあります。

 

 

CX-5との違い

 

CX-5は、CX-3よりも一回り大きくなるため、エクステリアの迫力が高まり、車内空間が広くなります。一方、車幅が1.84メートルあり、全長も約30センチ長くなりますので、狭い道や駐車においてやや気を遣う必要があります。

 

また、CX-5は一回り大きいエンジンを積んでいて、ガソリンエンジンのモデルもあります。たとえば2.5リッターのガソリンエンジンであれば、街乗りでは加速力にさらに余裕ができ、(ターボラグが無い分)踏み込んだ分だけ加速するような感覚になります。また、高速道路では、車の追い越しや登板車線での合流が楽になります。エンジン音も小さくなります。

 

一方、エンジンの重量が加算されるため、200〜300kg重くなり、燃費が15〜45%下がるという大きなデメリットもあります。※ディーゼルエンジンのモデルであれば、リッターあたり2.6〜6.6kmのダウンです。

 

個人的には、CX-3は街乗りメインでコンパクトな車が好みの方におすすめであり、CX-5は高速道路をより快適に運転されたい方や人や物を乗せる機会が多い方におすすめです。

 

 

総評

 

見晴らしやハンドリングが良く、運転しやすかったです。コンパクトなので、狭い道でもあまり気を遣わなくてすみます。

 

落ち着いて運転できるという点ではもう一レベル欲しいところですが、これは欲張りなのかもしれません。

 

すごくカッコよく、コンパクトで運転しやすく、維持費も良いSUVをお探しであれば、CX-3は良い選択であると思います。

 

 

車買取

 

 

クルマを乗り換える前に下記クリック