乗って楽しい ホンダの車

乗って楽しいホンダ ヴェゼル

今、人気絶頂のホンダヴェゼルですが、管理人の独断で、簡単に言い点と悪い点をいかにまとめてみました。

 

◯良い点
・昨今人気のSUVで、ライバルに比べてもコンパクトなボディ
・リアドアハンドルを隠してクーペスタイルに見せるデザイン性
・ハイブリッドモデルが存在し、コンパクトSUVでハイブリッドという世界観は希少
・クラスレスな内外装の質感の高さ
・電気式パーキングブレーキ、ブレーキホールド、クルーズコントロール、静電式タッチパネルなど国内外でも最先端クラスの電装品
・フィットゆずりのセンタータンクレイアウトによる多彩なシートアレンジ&ラゲッジスペース・都市に似合うスタイリッシュなエクステリア。 

 

?悪い点
・フィットベースにしては、ハイブリッドはやや高めの価格設定
・SUVとしては硬い乗り味
・DCTはクリープが弱めで、EVのみでの発進時と、出足に差がある
・内外装のクオリティが良いだけに、エンジン音やロードノイズなど。 

 

硬いと感じた足回りも、走行距離を重ねれば硬さもこなれてちょうど良い感じになるかもしれません。DCTの出来などは、フォルクスワーゲンのDSGが出た当初のものに比べればはるかに違和感なく乗れます。

 

良い所も悪い所も含めて、このくらいのキャラクターがあったほうが、車全体の「味」としてオーナーの心に強く残る一台になるかもしれません。デメリットも、どれもだいたい慣れで解決するレベルとも言えます。

 

 

では、気になる価格についてですが、新型ハリアーのガソリンモデルのベースグレードも270万円そこそこからのスタートですので、そことも競合するかもしれませんね。真ん中くらいのグレードでも240万円そこそこでしょうか。

 

ハイブリッドFFならば、ナビや本革シートなど全部入りで279.5万円。この価格を安いととるか高いととるかは個人差があると思いますが、250万から300万前後の価格帯となると、アクセラの2.0LやCX-5、ゴルフ7、ボルボのV40なども競合価格となってきます。

 

ハイブリッドでの一番安いグレードで219万円から。 コンフォートビューパッケージやルーフレール、革巻きシフトやシートヒーターなどが要らないということでしたら、売れ線グレードのガソリンモデルのXなら201万円からで、しかも燃費も20.6km/Lとかなり優秀。

 

ハイブリッドにこだわらないのでしたら、ガソリンモデルの最上級グレードS(燃費19.2km/L)が212万円からですので、上質な内外装とガソリンならではの素直なドライブフィールを堪能するにはかなり納得の価格かも知れません。 ハイブリッド4WDのXだと実は燃費が21.6km/Lとなり、あまりガソリンモデルと変わらなくなってしまいます。

 

ハイブリッド車のイメージが強いホンダヴェゼルですが、実はガソリンモデルの方がおいしいのかもしれませんね。

 

 

車買取

 

 

クルマを乗り換える前に、下記クリック