スズキ アルトが気になります。

新型のアルト。まず特筆すべきは37km/Lというアイドルストップ付きAT車のJC08燃費ですね。これは現時点で最も燃費の良いハイブリッド車「トヨタ アクア」に並んでいます。

スズキには「Sエネチャージ」と呼ばれる簡易式のハイブリッド機構があります。これを採用すれば2km/L以上燃費が良くなるそうです。

おそらくアルトがこの「Sエネチャージ」を採用すれば、 40km/Lの大台に乗せることも可能だったはず。何で「Sエネチャージ」を採用してTOPに立たなかったんでしょう。この辺スズキらしいっちゃぁそうなんですけど。

同じ37km/Lというカタログ燃費のアクアの場合、普通に走って20km/Lを軽く突破します。新型アルトはハイブリッド等の高等技術無しなので、より確実に実用燃費で20km/Lを超えてくると予想できます。

加えて車両価格は売れ筋になりそうな『L』で89万4240円(横滑り防止装置まで標準装備)。これほどリーズナブルなクルマってかつて無かったでしょ。

燃費もすばらしいですが、それ以上にすばらしいのが車重。前述の37km/L車の場合、わずか650kg!現代のクルマに要求される衝突安全性能をクリアして、さらに運転席+助手席エアバッグやエアコンまで含めてのこの車重。結構地味ですが凄い事です。

軽く作れば、当然の如く動力性能だって向上します。0~100km/h加速とか競うモデルではないにせよ、早いに越したことはありません。これで「ワークス」が復活したら・・・ ちょっとワクワクしますね。 さらに最もベーシックなグレードは、アイドルストップなどを採用しせず、5速マニュアルミッションで何と610kg! もちろん運転席/助手席エアバッグや横滑り防止装置は装備しています。どんだけ軽いんだか・・。

31km/h以上になると全く機能しなくなるという、簡易式のですが、自動ブレーキ(停止可能速度は25km/h程度)も選択出来ます。逆に自動ブレーキはこの程度で十分でしょ。アルトを買うなら、安いオプションなので付けることをすすめします。

いろんな意味で「潔さ」が際立つ新型アルト。まぁ後部座席に関しては目をつぶるとして、通常は主に街乗り、たまに遠乗りで運転をたのしむならこれで充分すぎますよね。

そして、アルトワークスも。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です