MAZDA CX-3が気になります。 – 気になる車ブログ

MAZDA CX-3が気になります。

最近のマツダ車は、評判がいいですね。特に2015年2月27日に発売した都会派のコンパクトSUV「CX3」。これ、写真でもなかなかですが、現物を見ると衝動買いしたくなっちゃいます。

マツダCX-3は、全長4275mmと比較的コンパクトなサイズをセリングポイントにしたクロスオーバーSUV。

「SUVにふさわしい動力性能と、燃費経済性を両立させました」。と語るのは、マツダの小飼雅道代表取締役社長兼CEO。

現在のところ、日本国内でのパ ワートレインは、1.5リッター4気筒クリーンディーゼルエンジンのみ。6ATと6MTが用意される。駆動方式は前輪駆動と、4WD。このディーゼルエンジンは、1600rpmから270Nmものトルクを発生するもので、2.5リッターエンジンを上回るトルクを発揮します。

インテリアは、デミオべースではありますが、シンプルでそれでいて質感が高いのが特徴です。オプションでピュアホワイトと呼ばれるホワイトのレザーシートを選択すると、さらに上質感が高くなりますね。

マツダCX3の発表当時、会場には輸入車の広報担当者が多く訪れており、とりわけ欧州の小型車を得意とするブランドの担当者は、「手強いライバルが登場したというかんじだ」と語っていたといいますが、現車を見ればそれもうなづけます。

ルノーやプジョーでなくても、「この感じ」が得られるなら、こっちで良いじゃんって感じです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です