RX-7

新RX-7のスタイル

RX-7の復活が急速に現実味を帯びてきています。

 

マツダの執行役員である藤原清志さんや山本修弘さんが、2
017年の東京モーターショーに新型RX-7を発表すると発言しました。

 

そのデザインはショーモデルのRX-Vision そのままが濃厚といわれていますが、
rx-visionrx-vision b

 

これじゃあもう、スーパーカーの世界、
庶民には手の届かないところに逝っちゃってます。。。

 

 

一方、次期RX-7のレンダリングCGと言われる画像がネット上に出回っています。
rx-7 

 

完成度の高い画像で、これなら何とか”現実の世界”にとどまっている感があり、
個人的にも大歓迎のスタイルなのですが、公式発表の画像ではないので、
あてにできないのがとても残念です。

 

新RX-7のエンジン

ラスベガスで行われたカンファレンスにおいて、マツダ北米の重役が
「マツダのRXシリーズ新型はロータリーエンジンのみになるだろう。」と語ったと言われています。

 

マツダは依然として公式に認めてはいませんが、どうやらロータリーエンジン復活は確かなようです。

 

新型RX-7のパワートレインは「SKYACTIV-R(スカイアクティブ・アール)」
=1.6Lの次世代型RENESIS直噴ロータリーエンジンである「16X」に、
ターボチャージャーを組み合わせる事により最高出力が450psにもなるようです。

 

注目は、新ロータリーエンジンが、その最大の弱点であった「燃費」をどうクリアしてくるのかですね。